おもいを届ける
商品部ブログ

創り手のおもいを届ける

目の健康維持に『ルテイン』

ひとみ(目)の寿命って何歳くらいかご存知でしょうか?
昨今の生活環境の変化が原因で、ここ十年くらいではそれまでよりも10歳ほど寿命を短くしているそうです。
現代では、ひとみ(目)の寿命は40歳がピークで、そこから加速度的に衰えていっていると言われています((+_+))

目の寿命が短くなる原因は?

目の寿命が短くなる原因として、次の二つが主に上げられます。

 1.紫外線(対策としてサングラス。黒以外の色が良い。)

 2.ブルーライト光線(LED.パソコン.スマートフォン.テレビ.信号機etc)

ルテインはどんな効果があるの?

ルテインは目の光を通す部分の水晶体と奥の黄斑部という場所に多く存在します。太陽の光やテレビ・パソコン・スマホなどから発せられる有害な『ブルーライト』を、目の奥の黄斑部で吸収・遮断し目を守ってくれているのが<ルテイン>です。

黄斑部にあるルテインが減少してくると、黄斑変性症という病気になってしまうことがあります。物が見えにくくなったり、ゆがんで見えたりする、中心部が暗く見える、視力が下がるなどの症状が現れます。

対策として、サングラスやブルーライトカットレンズの眼鏡をする方法もありますが、ルテインを摂取することで根本的に目を守ってくれます。ルテインは「飲むサングラス」と言われており、悪い光から目を防御してくれるんです。またコントラスト(はっきりと物を識別する感度)も改善してくれます。

ルテインは悲しいことに年齢とともに減少していき、体内で合成することもできません。減少してくるルテインを補ってあげることが現代の目の健康維持には大切です。

 

ひとみにルテインは1日一粒

ひとみにルテインは、1日用量で18mgのルテインを手軽に摂取できます。
1日1回1粒です。
1日必要量を毎日の食事で摂取しようとすると、
ホウレン草 5束
ニンジン 20本
ブロッコリー30本 が目安です。
食事から全て補うのは大変ですね。

機能性表示食品『ひとみにルテイン』で、今から目の健康維持を始めましょう。

最後に、目のピント調整をしている毛様体という筋肉があるのですが、一点を集中して見ているとこの筋肉が凝り固まってしまいます。パソコン作業の方やスマホを長時間見る方は、ぜひ意識的にこの筋肉を動かすように、一時的に遠くを見るなどもしてくださいね。

 

105views

この記事を読んだ方へ、おすすめの関連記事