人事・総務部ブログ

地域の若者が育つ環境を
つくることが出来る会社

登録販売者試験学習会 第4回 皮膚に用いる薬編

登録販売者試験学習会も第4回目。

今回は皮膚に用いる薬編です。

前回の胃腸に作用する薬編と同じように、

お客様からご相談いただくことの多いお薬です。

テキストでの勉強だけでなく、実際の売り場で商品と

照らし合わせながらの学習も行いました。

登録販売者試験学習会もいよいよ大詰め。

次回は本番と同じように4時間かけての模擬試験です。

京都は8/30(日)、奈良県は来年1/10(日)が試験日です。

全員合格を祈ってお守りを渡しましたよ!(^^)!

西大寺の南方にあり、そばには菅原道真公の産湯の池もある、

日本最古の天満宮 菅原天満宮のお守りです。

今回は、皮膚に用いる薬の学習だったわけですが、

そういえばご存知ですか?

ひと昔前は、傷口はふさがずに風にあてて乾燥させる方がいいという考え方もありましたが、最近は傷口に滲出してきた液の中には表皮再生の元となる細胞を活性化する成分が含まれているので傷口は乾燥させないほうが早く治るという考え方も広まっていて、傷口を乾燥させない絆創膏もいろいろ販売されています。

それから、やけどがひどい時は当然お医者さんを受診されると思いますが、甘く見ていけないのは低温やけどです。

表面上は軽傷に見えてもやけどの傷が深部にまで達していることがあるので、お医者さんを受診してくださいね。

まだまだ残暑がつづきます。

虫刺され、アセモ、肌あれなど皮膚トラブルも多いですよね。

ぜひ木のうたの登録販売者にご相談ください。

 

本部 川尻泰子

 

 

80views

この記事を読んだ方へ、おすすめの関連記事