薬局
ドラッグストア

元氣になれる場所

(防災訓練)有事の際の行動を確認し合いました

店舗会議時に避難訓練を行いました。

自然災害が多い日本では日頃からの備えが欠かせません。

平時より繰り返し訓練を行い、一人ひとりが必要な手順を学び、

防災意識を養う必要があります。

有事+に少しでも冷静で的確な行動がとることができるように、

訓練は繰り返し行うことがとても大切です。

 

今回の避難訓練の設定は、営業時間中に地震が発生したという想定で、

スタッフ役と、お客様役に分かれて、店舗内の安全確認の後に、

店舗入口まで避難誘導するというものです。

実際にやってみると、スタッフお互いの場所の位置が把握できていない、

思っているよりも声が届いていない、内容がよく聞き取れない等の課題が見えてきました。

有事を想定したシュミレーションを行い、いざという時に少しでも

迅速な行動がとれる為には、見えてきた課題の改善はもちろん、

各自が日頃より防災意識を高める事、皆で連携して行動する事が

大切であると今回の訓練を通じて学びました。

 

今回は店内が設定でしたが、自宅でも、どこででも避難経路を意識して

生活する事はいざという時に被害を最小限にくい止め命を守る行動に繋がります。

 

最後に災害の備えを纏めておきます。

・連絡先と家族の情報、家族の避難場所を決めておく

・避難場所・避難ルートの検討(実際に歩いて状況を確認)

・非常持出物を準備しておく

以上の様な事を日頃から心掛け対策しておきましょう。

32views

この記事を読んだ方へ、おすすめの関連記事

真美ヶ丘店のページへ移動する