薬局
ドラッグストア

元氣になれる場所

肩こり腰痛の、貼り薬・塗り薬お任せあれ 奈良市六条町西の京店

さむ~い日が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか(*’ω’*)ドラッグストア木のうた西の京店の砂川礼美です(*’ω’*) 礼美は”あやみ”と読みます(*^ω^*)

今日は、1/17(木)に行った勉強会について発信します。

当日は久光製薬様に訪店いただき、外用消炎鎮痛剤の勉強会をして頂きました。私は、肩こり腰痛のお悩みで相談を受けた場合、ついつい貼付剤を中心にご提案してしまっていたのですが、塗布剤のメリット・デメリットを学ぶことが出来たので、よりご提案の幅を拡げることができました(^^)/ また、貼付剤にある「温感タイプ」、これは温めるのではなく文字通り”温感”。トウガラシなどの成分で温かく感じる刺激が得られるので、いわゆる「冷感タイプ」よりも刺激を求める方には「温感タイプ」を選択すれば良いのです。意外といらっしゃる、急性には冷感!という方、実は温感シップも水分を含んでいますので炎症を和らげてくれますよ(*’ω’*)痛みがある方は、シップ(パップ)ではなく痛み止め含有のプラスター(テープ)剤をご提案いたします。詳しくは店頭でお話させて頂きますね。

最後に、久光製薬様にいろいろ教えて頂いたので宣伝を(笑)

久光製薬様は貼付剤に特化した専門メーカーです。他社にはない差別化として、「商品の開けやすさ」「貼りやすさ」を実現しています。超こだわり! また、剥がれにくさについても素晴らしいのひとこと。実際に、他社製品と比較しての剥がれにくさを体験させていただきました\(^o^)/動きに対しては剥がれにくいけど、実際には剥がしやすいですし、肌ストレス(角質剥離)については他社製品と比較してとても少なくなっています。

 

←肘に2種類のテープ剤を貼付して、開けやすさや貼りやすさと、剥がれにくさを体感している写真です。

37views