薬局
ドラッグストア

元氣になれる場所

笑顔全開元気研修④

11月26日に4回目の笑顔全開元気集会に参加して参りました。今回は接遇のロールプレイングと、「相手に行動してもらえるにはどうすればよいか」を学びました。

環境を良くしようとしても自分ひとりではうまくいかず、他の方も協力して頂けてはじめて最大限の力を発揮できる場面も多いと思います。その場合、相手に「やらされている」「強制されている」という感じ方ではなく、「納得して行っている」という感じ方になってもらえるかが大切です。従わせるのではなく相手に自発的に行なって頂くということです。

そのためには「なぜそれを行なうのか」「行うことによって自身にどのようなメリットが発生するのか」を明確に伝える必要があります。打算的なようにも思われますが、行動に対するやる気と自主性に関わる重要な部分です。私たちの日々の生活の中では、物事に対し自分がやりたいことだから行う、理由(必要)があるから行う、という決め方があります。仕事でも同様で、理由をきちんと伝えられるかどうかで相手のやる気に影響してしまいます。

さらに大切なのは、メリットを「自分」ではなく「相手」にとってのもので想像できるかという点です。「自分が」元気になるから、「自分が」良いと思うから、では気持ちを動かすことは出来ないでしょう。

私自身も理由やメリットを考えることが多いので、とても参考になりました。また、相手の事を考えるのはもちろんですが、そのためには相手を知る必要もあります。やはりコミュニケーションはどの場面でも必要になるのだと改めて感じました。今後は相手の方に合った伝え方、という視点を切り替えた考えを行ない、一緒に納得して行っていけるように心掛けて参ります。

西の京店 兒島加奈

19views
西の京店のページへ移動する