薬局
ドラッグストア

元氣になれる場所

こまめな水分補給を習慣づけましょう!!

脱水とは?? カラダの水分と塩分を失うことです。

私たちのカラダは、半分以上は水分(体液)でできています。

 

水分(体液)が失われていくにつれ、脱水症に近づいていきます。

症状は・・・微熱、口渇、体重減少、尿や発汗の減少などです。

 

☆体液の多い臓器に異変が生じると

脳  ・・・めまい、たちくらみ、頭痛、けいれん

消火器・・・食欲低下、悪心、嘔吐、下痢、便秘

筋 肉・・・筋肉痛、しびれ、麻痺、こむら返り

などの症状が現れます。注意してください。

 

また、小さなお子さまと、ご高齢の方は、脱水症になりやすい傾向があります。

 

〇こどもが脱水症になりやすい理由

・成長期は、水分を多く必要とし、水分の出入りが激しい。

・体重あたりの不感蒸泄(皮膚や呼吸から失われる水分)が多い。

・汗をかく機能や、腎臓の機能が未熟。

 

〇高齢者が脱水症になりやすい理由

・体液(水分)を溜めるタンク(筋肉)が少ない。

・飲んだり、食べたりする量が減っている。

・のどの渇きや暑さに気付きにくくなる。

 

子どもや高齢者の方々は、脱水症状になりやすいので、日頃から特に気を付けてあげたいですね。

 

〇ちょっとおかしいと感じたらチェック

①握手してみて手が冷たければ疑わしい。

②舌を見て乾いていたら疑わしい。

③手の甲の皮膚をつまんで、3秒以上戻らなかったら疑わしい。

④親指の爪を押してみて、赤みが戻るのが遅ければ疑わしい。

⑤高齢者の腋の下が乾いていたら疑わしい。

〇脱水症対策

規則正しい食生活と、水分補給を心がけましょう。

・身体に入ってくる水分(食べ物・飲料水)

・身体から出ていく水分(汗・涙・尿・便)

 

一日8回程度を目安に、こまめな水分補給をしましょう。

ただし、水やお茶は塩分を含まないため、脱水時の水分補給には不向きです。

水分補給を行うタイミングは『のどが渇く前』が理想的です。

経口補水液 OS-1とは?

・水と塩分と糖分が最適なバランスに調整されている為、速やかに身体へと吸収されます。

 

塩分と糖分が、多すぎても少なすぎても、水分補給の効果は弱まります。

日頃から脱水のサインに注意して、適切な水分補給を行ってください。

熱い夏場の飲み物としてだけではなく、年間を通して経口補水液OS-1を常備されることをご提案します。

10views

この記事を読んだ方へ、おすすめの関連記事

法隆寺店のページへ移動する