大活躍のOS-1!

こんにちは!

うだるような暑さから解放され、ようやく過ごしやすい気候になってきました。

暑い夏の間は熱中症対策で、OS-1を常備されていた方も

多かったのではないでしょうか?

 

熱中症=OS-1というイメージが大きいかと思いますが、

実はこれからの季節でも大活躍!

風邪などの発熱・下痢・嘔吐などでも脱水症になりますので、

そういうときにOS-1があれば安心ですね。

また季節に関係なく、お子さんや高齢者の方は脱水症に

なりやすいと言われています。

子どもの場合、成長期は水分の出入りが激しかったり、

汗をかく機能や腎臓の機能が未熟であるため、水分を多く必要とします。

OS-1で水分補給し、身体のもととなる天然アミノ酸のこどもレバコールを

飲むことで健康で丈夫な身体を作ってくれますよ。

そして高齢者の場合は体液をためるタンク(筋肉)が少ない、

飲食の量が減っている、のどの渇きや暑さに気がつきにくくなる

といったことから脱水症になりやすくなります。

体に入ってくる水分は飲料水からだけではなく、

食べ物の水分と代謝水(食べ物が代謝されることで生まれる水分)もあります。

なので脱水症対策には水分を補給するだけではなく、

規則正しい食生活が大事です。

加えて水を蓄える筋肉をつくるための適度な運動も必要ですね。

体液をためる筋肉が少なくなると、摂った水分が体外に出やすくなるため、

おトイレに行く回数が増えます。

そういう方は一度に水分を多く摂るのではなく、

吸収の良いOS-1を少しずつ回数を分けて飲むことで改善されますよ。

 

その他、頻繁にこむら返りになられる方は水分と、

収縮した筋肉を弛緩させる電解質(マグネシウム)不足が原因の場合もありますので、

電解質も含まれているOS-1を飲まれると良いですね。

最近はご来店のお客様で、コロナワクチン接種後の副反応(発熱や筋肉痛等)に

備えて、鎮痛解熱剤・熱さましシート・OS-1をセットでご用意されている方も

多くなってきています。

いずれの場合も「備えあれば憂いなし」!

常備しておけば安心のOS-1です。

(M. Fujimoto)

これからの季節にも、OS-1を常備しましょう!

みなさん、OS-1をご存じだと思いますが

電解質と糖質の配合バランスを考慮した

経口補水液です。

脱水症状は夏だけではありません。

これからの季節、感染性腸炎や風邪による

発熱・下痢・おう吐、過度の発汗などによる

脱水症状に適しています。

 

そんな時に、OS-1を常備しておくと安心です。

OS-1は、ゆっくり時間をかけて飲んでくださいね。

 

それと、筋肉痛やしびれ・こむら返りの原因の一つに

脱水があります。

睡眠中に足がつったり、こむら返りする方は

芍薬甘草湯も良いですが、まずはOS-1を飲んでみましょう。

みなさん、OS-1は常に飲める様に常備しましょう。 

高の原店 赤井でした。

 

こむら返りに…OS-1!?

夜中、寝ている時に足がつったりすることはありませんか?
痛いですよねぇ…。(泣)

このこむら返り、年齢を重ねれば重ねるほど、
何度も繰り返してしまったりします。

この症状が起こる理由の一つとして考えられるのが、
ナトリウムやカリウムといった電解質のバランスが崩れること。

年齢を重ねると身体の中に溜められる水分量が減少し、
血液中の電解質のバランスが崩れます。

筋肉の調節に電解質は必要不可欠なので、電解質のバランスが崩れると
筋肉の調節がおかしくなってしまうというわけです。

ではその電解質のバランスを整えるにはどうすればよいのでしょうか??

ハイ、ここで登場するのがOS-1です!

OS-1といえば脱水症状が出た時や、またはその予防の為に飲む
経口補水液なので、電解質が効率よく摂取できます♪

こむら返りでお悩みの方はOS-1を毎日1本、
少しずつ何度かに分けて飲んでいただくことで、血液中の電解質の
バランスが良くなり、こむら返りがおきにくくなりますヨ。(^^♪

是非いちど、お試しくださいネ♪

(藤本)